アンチエイジング まとめ

MENU

若返って見えるメイクアップのコツ3つ!

若いころ似合っていたメイクでも、
年齢を重ねると似合わなくなってしまうことがあります。

 

アンチエイジング対策として身体づくり、肌作りをしつつ、自分に一番に会ったメイクも心がけたいですね。

 

 年相応に美しいメイクって?

 

年齢に応じて今までのメイクが似合わなくなってしまうのは、
肌にくすみが出たり、目元がゆるんだりして顔の印象が変わってしまうから。

 

若い頃のメイクと一緒では、若々しく見せることはできません。
年齢に合わせたメイクテクで若返りましょう!

 

アンチエイジング世代のメイクアップのコツ@ハイライトを使う!

若いうちはあまり使わないかもしれない「ハイライト」ですが、
上手に使えば役立つアイテムです。

 

 こんな風に乗せていきます。

 

ハイライトを目の下の三角地帯やTゾーンに軽く入れることで
顔にメリハリを出し、くすみを飛ばすことができます。

 

程良いパール感のあるものを選ぶのがポイントです。

 

アンチエイジング世代のメイクアップのコツAチークの色を変える

青みピンクやコーラル系は各世代に人気があるのですが、
顔色がくすんで見えることがあります。

 

 チークで顔色良く!
 
エイジング世代にぴったりなチークの色は「桃色」です。
青みを抑えた華やかな色を入れることでパッと顔色を明るく見せることができます。

 

あまり高い位置に入れず、頬骨よりやや下の位置に入れるとエレガントな雰囲気です。

 

アンチエイジング世代のメイクアップのコツB口紅は濃い目の色、目元は薄めに

エイジング世代は薄い色(ピンクベージュなど)の口紅を選ぶと肌がくすんで見えてしまいます。
赤みのあるブラウン系やローズ系にチャレンジしてみるのがおすすめです。

 

 ぐっと大人っぽく。

 

口紅が濃い目なのでアイメイクは薄めに抑えましょう。
ブラウン系のグラデーションでアイライナーは細めに、
しかしまつ毛はしっかり上向きにすると元気な印象になります。

 

 

若々しく見せるためのメイクは色の選び方が大きなポイントです。
新しいメイクにチャレンジして印象アップしてみませんか?

 

 

究極のアンチエイジング術ランキングもあわせてチェック!